本文へスキップ

抜いた歯は生えてきません.削った歯は元に戻せません。歯科治療は両刃の剣であることを理解して治療を受けてくださるようおねがいします.

TEL.03-3954-8844

〒161-0032 東京都新宿区中落合2-20-6

サイトマップ

トップページ



小西歯科医院のご案内(ごあいさつ)

● 診療時間と地図

● お問い合わせ

● 受診ご希望の方へ
1. 初診の申し込み

2. 予約をとる前にできればメールをいただけると助かります

3. 治療の流れ

● 治療費について 
1. 小西歯科医院の治療費について

2. 保険診療の負担金


歯科治療に対する基本的な考え

 ●最善・最良の歯科治療のために
1.すべての人にあてはまる”最善・最良の治療”が存在するわけではありません.

2.歯科治療には一つとして同じものはありません

3.歯科医によって治療法はさまざまです

4.《治療法は患者さんによっても異なってきます》
 ・残存歯数と欠損状態で異なる治療法
 ・患者さんの生活や要望によっても治療法は変わってきます
 ・歯医者任せにするととんでもない結果になることが・・・


5.小西歯科医院での”最善・最良の治療”のためにお願いしたいこと
 ・自分が何に困っているかはっきりさせましょう
 ・小西歯科医院の考えを知ってください
 ・患者さんと歯科医が十分なコミュニケーションをとる必要があります

過剰な歯科的介入に注意します
 1.過剰介入が歯の健康に対する脅威になっている

2.過剰介入は口の崩壊を招きます
《削ることからはじまる口の崩壊》

・むし歯→神経の除去→全部被覆冠→抜歯
・歯科治療を受けるたびに健康歯質を失う
・全部冠は抜歯への近道
・一本抜けば問題はさらに広がる
・歯を抜くような事態にならないようにする

3.歯科治療は過剰介入を招きやすい
《歯科治療では”治す”局面と”直す”局面を区別する》
・歯科治療には”治す”局面と”直す”局面がある
・”直す”ことしか頭にないので安易な抜歯、過剰な切削が横行する
・むし歯治療の”治す”局面と”直す”局面
・歯周病は”治し”てから”直す”
・歯根破折でも”治す”ことを考える

4.過剰介入の代表は削りすぎの歯科治療
《削らない治療・削りすぎの治療》
・削れば削るほど歯の寿命は短くなる
・削ることに罪悪感を持たなくなった最近の歯科医
・保険診療、自費治療、ともに削りすぎの弊害をともなう
・”白い歯”は削りすぎに注意
・むし歯の治療はきちんと削る必要があります
・”ウェブサイトで宣伝される”削らない治療”


5.歯科治療には得るものと失うものがある
《歯科的介入は諸刃の剣です》
・見た目が一番大切?
・歯科治療は犠牲をともなう
・”直す”治療の犠牲は大きい

●自然治癒力を考えた歯科治療です
《自然治癒力について》
 *自然治癒力の存在を忘れてしまった現代医療

*歯科治療も自然治癒力を考慮しておこないたい
 《自然治癒力を考えた歯科治療》
・むし歯と自然治癒力
・歯周病の炎症、歯周ポケット形成と自然治癒力
・歯の傾斜や挺出と自然治癒力
・歯の動揺と自然治癒力
・歯根破折と自然治癒力

*自然治癒力とは何か
《近代医学と自然治癒力》
・恒常性(恒常性・ホメオスタシス)
・原因をみつけそれを除去するのが近代医学の考え方
・近代医学の影に隠れてしまった自然治癒力

*自然治癒力に関連する考え方
・医療は自然治癒力の手助けをしているのに過ぎない《自然治癒力と活性プラシーボ》
・ストレスと自然治癒力《ストレス》
・ 我包帯す、神癒し賜う

歯科治療では患者さんと歯科医の協力が大切
1.患者さんと歯科医が協力して治療にあたることを医患共同作戦といいます

2.”医患共同作戦”なくして歯科治療の成功は望めません

3.患者さんの人間性を無視した歯科治療が横行しています

4.どう治療すれば良いのかよく分からない歯科疾患が増えています

5.医患で協力しないと、除去しなくてもよい神経をとられてしまう可能性があります

6.歯根破折の原因を除去するのも”医患共同作戦”でおこないます

 歯を大切にする方のお役にたちたい
1.歯を大切にするのは難しい

2.歯を大切にする三ヶ条
 1) 自分の歯、口の実力を知る
 ・口の状態を把握する
 ・病態(びょうたい)と病勢(びょうせい)を知る
 ・病態や病勢からこれからの対策を練る
 2) 歯科治療が必要なのか知る
 3) 歯を大切にするために歯科治療の内容を知る
 ・高額な補綴物を入れることが歯を大切にしていることにはならない
 ・インプラントや矯正、審美補綴は歯を大切にしているとはいえない
 ・歯を大切にするには、治療のメリット・デメリットを知って治療を受ける


小西歯科医院の治療の実際

  ●”抜かずに治す歯科治療”-小西歯科医院の歯を抜かない歯科治療
小西歯科医院の歯を抜かない治療を”抜かずに治す歯科治療”といいます
*”抜かずに治す歯科治療”とは
・”抜かずに治す歯科治療”は小西歯科医院の歯を抜かない治療です
・”抜かずに治す歯科治療”のポイントは自然治癒力

*”抜かずに治す歯科治療”と抜歯の基準
抜歯の基準にあてはまる歯を抜かずに治す》
・歯槽骨吸収が歯根の1/3以上
・歯周ポケットが8mm以上
・動揺度が大きい
・プローブが貫通してしまう根分岐部病変
・根管治療の難しい根尖病変
・膿瘍がなかなか消失しない
・むし歯が進行して残根状態になっているもの
・骨縁下に達している歯根破折

*歯を抜きたい歯科医たち
・歯科医の都合で抜かれる歯
インプラントのを入れたいので抜歯
補綴物のために抜かれてしまう歯
・痛みや腫れ、動揺など治療が難しくて抜かれてしまう歯 
抜歯を勧める歯科医の理屈
*歯を抜かれないために

《”抜かずに治す歯科治療”の原点は片山恒夫先生》
・片山先生は”歯医者の仕事は抜歯”という考えをくつがえした
・歯科医の仕事は抜くことではない
・片山式ブラッシング・食生活改善・力のコントロール
・片山式抜かずに治す歯周病治療が普及しなかった理由

《”抜かずに治す歯科治療”が教えてくれること》
・絶望的と思える重度歯周病の歯でも救える
・抜かずに治った歯の治り方はいろいろ
・抜かずに治す治療には自然治癒力が大きくかかわる
・残根や歯根破折の歯も抜かずに治せる
・歯科医の技量を高めることに役立つ

*”抜かずに治す歯科治療”の欠点は補綴物装着までに時間がかかること
・歯を抜かない治療は時間が必要
・口の健康のためには長い目で考えた方がよい

 《ネットにあふれる”歯を抜かない歯科治療”は内容が伴っていない》
・「できるだけ抜かない」というのは「抜くこともあります」ということ
・歯周外科や再生療法では超重度歯周病の歯は救えない
・マイクロスコープと抜かない治療は関係ない
・糠に治療を希望する人はCTのある医院に近づかない方がよい
・エクストゥルージョンもクラウンレングスニングも補綴物のための処置

インプラントの問題点について
◎インプラントの問題点について

◎インプラントの問題点①・トラブル
*インプラントのトラブルの実態
*インプラント学会、トラブルの報告《アンケート報告の詳細はこちら》
*インプラントによる死亡事故も起こっている《新聞の切り抜きはこちら》
*インプラントのトラブルを苦に自殺した方もいる《新聞の切り抜きはこちら》
*術中・術直後・術後のトラブル
《インプラントのトラブルについて》
・術中のトラブル
・術直後のトラブル
・埋入後のトラブル
・10年以上経過しておかしなことになってきたインプラント
・術後20年後の悲惨なトラブル
・インプラントトラブルは生体に適応しないために起こる
インプラント周囲炎
・インプラント周囲炎とは
・インプラント周囲炎と歯周病の治療は異なります
社会もインプラントのトラブルに注目している
・インプラント医もトラブルを問題にしはじめた
・マスコミもインプラントの問題点を取り上げている

◎インプラントの問題点②・インプラントはどれくらい持つの
インプラントはどれくらい持つの》
・インプラントは30年持ちますか?-まず持ちません.
・インプラントの歴史が短いのでどれくらい持つか分かっていない
・若い人のインプラントは怖い

◎インプラントの問題点③・インプラントのアフターケアはどうするの
《インプラントのアフターケアはどうするの》
*インプラントのメインテナンス・リカバリーは大丈夫?
*インプラントの入った人のメインテナンスは難しい

●インプラントの問題点④・歯科医の倫理観はいずこへ
《インプラントと歯科医の倫理観》
*インプラント、無法地帯
*歯科医院経営のためのインプラント
*インプラントを機械修理と勘違いしているインプラント医
*自然治癒力を忘れない
*インプラントは異物です

●インプラントの問題点⑤・歯科医の勉強不足
《インプラントは咬合や欠損歯列に関する知識が不可欠》
*咬合を理解していないインプラントは怖い

 歯周病(ししゅうびょう)とは
1.歯周病とは:歯肉炎と歯周炎があります

2.歯周組織:歯肉、セメント質、歯根膜、歯槽骨

3.歯周病の原因:最大の原因はプラークです
 プラーク
 歯周病原菌

4.歯周病の治療(オーラルフィジオセラピー)
* 歯肉炎の治療
* 歯周炎の治療
* 重度歯周炎とブラッシング
  ・歯周病は歯磨きで治りますか? 
  ・《歯ブラシで重度歯周病を治す・歯ブラシの奇跡》

5.歯周外科手術について
非歯周外科手術(フラップオペ)はおこないません
*歯周組織再生療法
GTR法
エムドゲイン法
リグロスについて

5.歯周病の進行程度の判断:X線写真で骨の吸収をみます

6.歯周病のドグマ(誤った定説
「日本人の8割が歯周病」というウソ
「歯周病は命に関わる」?
*「歯周病の歯を抜歯しないと大変なこと」にならない
「歯周病は定期検診で予防できる」わけではない
「歯周組織再生療法は効果がある」?

7.歯周病と全身・ペリオドンタルメディスン
* 歯周病と心疾患、脳梗塞
* 歯周病と糖尿病
* 歯周病と早産低体重出産



 ●歯肉炎(しにくえん)
歯肉炎とは:歯肉に炎症をおこした歯周病です 
歯肉炎の原因:細菌のかたまり、プラークです
歯肉炎の治療:歯みがき(ブラッシング)
片山式ブラッシング法
《ブラッシングの3原則》
歯肉炎の診断:歯肉を見ることで判断します
歯肉炎の分類:炎症の部位によって分類します
歯肉炎の進行:歯間乳頭部から辺縁歯肉に広がる
歯肉炎発症のメカニズム:歯肉の血流障害

 ●歯周炎(ししゅうえん)
歯周炎は骨が溶ける病気です
歯肉炎と歯周炎の判別:X線写真でおこないます
歯周炎の原因:細菌因子と宿主因子が原因です
歯周炎の治療:細菌、宿主、力に対するアプローチ
歯周炎の診断:X線写真が重要
歯周炎発症のメカニズム:歯周組織破壊がおこります《歯周組織破壊のメカニズム》
歯周炎の予防:歯みがきです
歯周ポケットとは:歯と歯肉の境目にできた深い溝

●症例写真
歯肉炎の症例写真


● Q&A(よくある質問)
1.重度歯周病歯の抜歯(抜かなくてはいけませんか?)
・重度歯周病の歯は隣の歯も悪くするのですか?《抜かないと隣の歯の骨まで溶けてしまう?
・歯周病の菌が全身にまわって大変なことになるのですか?《歯周病と全身・ペリオドンタルメディスン》
・歯周ポケットが深いと抜いた方がよい?《歯周ポケットが深いと抜かなければいけない?》

2.歯周外科手術
 ・歯周外科手術は必要ですか? 《歯周外科手術についてさらに詳しく》

3.妊娠性の歯肉炎
 ・娠中でつわりがあり、歯ぐきが腫れてしまい、歯磨きで出血や痛みがあります. 《妊娠性歯肉炎》

4.歯間乳頭(しかんにゅうとう)の回復
 ・歯間乳頭を回復する方法はありますか?《歯間乳頭は回復できますか?》

5.咬合性外傷
 ・奥歯が寝起きにびっくりするほど痛み、抜歯と言われています.《寝起きに歯が痛みます》

6.膿瘍
 ・膿が溜まった状態になります.効果的な治療法はありますか?《膿がたまった状態(膿瘍)》
 ・おできのようなものが治らないので抜歯と言われています

7.歯牙破折・歯根破折
 ・歯が割れたので抜いてインプラントと言われました.《”歯が割れてしまいました.抜歯ですか?”》

8.小西歯科医院と同じような歯科医院
 ・○×県で小西歯科医院と同じような取り組みをしている歯科医院を教えてください


歯科臨床の基礎としている考え方

● 片山恒夫先生の歯科臨床
1.片山式歯周病治療法(自然良能賦活療法)

2.片山式ブラッシング法

3.食生活改善

4.呼吸法、運動

5.片山式歯周病治療法とプラークコントロール≪片山恒夫先生とプラークコントロール≫

6.片山恒夫先生の略歴

7.片山恒夫先生の著書
 ・歯槽膿漏抜かずに治す
 ・歯無しにならない話

8.片山セミナー
*片山セミナーのノート
我包帯す、神癒し賜う
人間この未知なるもの
ときに癒し、しばしば和らげ、つねに慰む
プロフェッション
未審交感
自然治癒力と活性プラシーボ
片山式ブラッシングの教え

9.自然良能賦活療法とoral physiotherapy

安保徹先生の免疫学
1.医療が病をつくる

2.白血球の自律神経支配の法則
 ・顆粒球とリンパ球は自律神経支配を受ける 
 ・交感神経が緊張すると顆粒球の産生が促進される
 ・白血球の割合が変わると問題を起こしやすくなる
 ・過剰な顆粒球が歯周組織を破壊する

3.ストレス

4.安保徹先生の略歴

河合隼雄先生の臨床心理学 
1.河合隼雄先生の心理学と歯科医療

2.ユング心理学の”影”

3.こころの最終講義-コンステレーション

4.デミアンとユング

5.カインの末裔とデミアン

中村雄二郎先生の哲学 
1.臨床の知と歯科医療

2.科学の知、臨床の知

3.科学の知と現実のずれ

4.近代科学が排除したもの

5.歯周病と日々の生活

6.特定病因説

7.歯科治療は修理ではありません

8.一方通行の治療


こに資料


病む日本の歯科医療
1.歯科医療をとりまく環境の変化

2.歯科医師過剰とむし歯の減少と歯科医院経営
経営のための自費治療
・歯科医の過剰と自費診療
・健康保険では経営が成り立たない
・自費診療の害

3. 自費診療にまつわる話
差し歯がとれたら70万円 
甘いキャッチフレーズには裏がある
ホワイトニングは必要ですか?
全顎補綴の後始末
リカバリーできない歯科治療 

4. 不安をあおる歯科医療

5. 勉強の足りない歯科医たち
 ・治せない歯科医
 ・授乳中の抗菌剤と鎮痛剤
 ・咬合を理解していない歯科医たち 
  +咬合を理解して治療にあたる
  +”いわゆる正常咬合”
  +“見た目の正常咬合“は必要?
  +咬合にはあまり手をつけない方が良い

● 著書
1.歯科についてのセカンドオピニオン
 ・ あふれかえる情報、誤った情報
 ・ 歯科医院の増加が患者さんに被害をもたらす

2. 歯周病は怖くない 正しく理解し 抜かずに治す

3. オーラルフィジオセラピー

4. 歯周病 =わかる・ふせぐ・なおす=

5. 家族のための歯と口の健康百科

● 論文、講演会
1. 論文、雑文、メディア

2. 講演会

● 論文、講演のときに参考にした文献
1. 外科処置と非外科処置に関連する文献

2. ルートプレーニング

3. 軟組織の除去(キュレッタージ)

4. プラークと歯周炎の関係