本文へスキップ

抜いた歯は生えてきません.削った歯は元に戻せません。歯科治療は両刃の剣であることを理解して治療を受けてくださるようおねがいします.

TEL.03-3954-8844

〒161-0032 東京都新宿区中落合2-20-6

歯を白くする、ホワイトニングの問題点


ホワイトニングは薬剤による漂白


  ホワイトニングとは歯の表面を薬剤によって処理して白く見せる方法です.

 使用する薬剤は過酸化水素水や過酸化尿素などが主なものです.

 ホワイトニングは1990年ころからはやり始め、当初はブリーチングとよばれていました.

 歯の漂白をするので、この用語が使われたわけで、現在でも学術的な正式名称はブリーチングという用語が使われています.

 なぜ、ブリーチングからホワイトニングに呼称を変更したのかよくわかっていません.

 ヘアカラーや食品添加物の過酸化水素水による漂白はその危険性がよく知られているので、ブリーチングという言葉から連想される毒性や危険性のイメージを払拭するためにホワイトニングと呼びかたを変えたというのが本音のところだと思います.

 ホワイトニングは過酸化水素水などのフリーラジカルによって歯に化学的な変化を与える行為です.


 歯の汚れをとる行為としてはクリーニングがあります.

 
クリーニングは歯に付着した歯垢やステインなどを歯磨き剤(炭酸マグネシウムやシリカなどの研磨剤)で物理的に取り除く行為で、こちらは歯を研磨するだけなので、化学薬品による影響はありません.




 ホワイトニングは薬剤により歯の表面に細かい傷をつけて、光の乱反射により歯を白く見せています.

 健康な歯にわざわざ傷をつけて白く見せようというのがホワイトニングの本質です.

 ホワイトニングをすると、歯がしみることがあるのはそのせいです.

 歯に傷をつけることにより、歯が本来持っている透明感や輝きは失われてしまいます.

 しかも、その白さはステイン(食物などの色素沈着)などがその傷に沈着することでいずれ失われてしまいます.

 ホワイトニングを勧めている歯科医院でも、半年程度経過すると再ホワイトニングを勧めています.

 そんなに頻繁に歯の表面にフリーラジカルを作用させては、エナメル質もたまったものではありません.

 歯にとってよいことはひとつもありません.

ホワイトニングのパンフレットに書いてあった文章です.
痛みが出るというのは化学薬品がゾウゲ質に傷害を与えていることにほかなりません.
自然治癒力が働いてゾウゲ芽細胞が第二ゾウゲ質を作るので、痛みは治まるでしょうが、歯の健康を害していることは間違いありません.



オフィスホワイトニングもホームホワイトニングも危険です

 
  歯科医院でおこなうホワイトニングをオフィスホワイトニングといいます.

 歯の表面に高濃度の過酸化水素水を適用し、光をあて薬剤を活性化させることで効果を得ます.

 オフィスホワイトニングは高濃度過酸化水素水という危険性の高い薬剤を使用するので、歯科医がいるところでしか行うことができません.

 このような危険性の高いものを歯を傷つけるために使用する必要があるのかどうか、よく考えていただきたいと思います.

 一方、マウスピースに過酸化尿素を主成分とした薬剤をいれて、自宅で使用するホワイトニングをホームホワイトニングといいます.

 過酸化尿素は過酸化水素水より毒性が少ないので、歯科医がいなくても使用できるわけですが、マウスピースに入れた薬剤をある程度飲み込んでしまうことは間違いありません.

 身体に必要のない薬物、後々悪影響を与えるかもしれない化学物質をわざわざ飲み込む必要があるのでしょうか.

 いずれのホワイトニングも妊婦や授乳中の母親には行わないように指示がでています.

 つまり、歯の表面だけではなく、全身への影響も心配であるということです.

 ご自身の身体のことですよくよく考えてホワイトニングを行ってください.



ホワイトニングは健康とは無関係


 アンチエイジングというのは魅力的な言葉です.

 白い歯もその一部かもしれません.

 確かにシミのある60代の魔法使いの風貌より、肌に艶のある18歳の女性の笑顔を多くの人が望むでしょう.

 しかし、18歳のそのときはそのひとにとってそのときだけです.
 何をやっても、60歳が18歳に戻れるわけではありません.

 人は歳をとります.病気にもかかります.健康な人でも、シワができ、髪の毛は白くなり、筋肉は衰えていきます.

 口の中も同じです.歯は磨耗しすりへり、歯肉は弾性を失い退縮していきます.歯の中の神経の入っている部屋は小さくなり、その周りの骨も変化していきます.

 歯の色だけアンチエイジングと称して白くしてもそれにどれほどの意味があるのでしょうか.
 ある時期、ある期間(それも数か月ということさえあります)、人工の白い前歯を持つことは可能かも知れませんが、それに何の価値があるのでしょうか.

 ホワイトニングは化粧とか美容ということに関連するかもしれませんが、健康とはかけ離れた行為です.

 ホワイトニングと健康は無関係です.

 生涯にわたって健康な歯を望むのであれば、余計なことはしないほうが無難です.




トップページ


小西歯科医院の治療について

診療時間      
   月  火  水  木  金  土
AM   〇  〇  〇  /  〇  〇
PM   〇  〇  〇  /  〇  〇
AM|午前9:00〜12:00
PM|午後2:00〜5:00
 休診日|木・日・祝祭日

shop info店舗情報

小西歯科医院

〒161-0032
東京都新宿区中落合2-20-6
TEL.03-3954-8844
FAX.03-3952-4220
mail.pi5a-kns@asahi-net.or.jp