本文へスキップ

抜いた歯は生えてきません.削った歯は元に戻せません。歯科治療は両刃の剣であることを理解して治療を受けてくださるようおねがいします.

TEL.03-3954-8844

〒161-0032 東京都新宿区中落合2-20-6

治療費について

 小西歯科医院は健康保険医療機関ですが、一部自費治療となるものがあります.

 初診時の診査やむし歯、歯周病の治療は保険診療が適用されますが、クラウンや義歯(入れ歯)などの補綴治療は自費診療となります.


小西歯科医院の治療費について

”治す治療”は保険治療、”直す治療”は自費治療でおこなうのが原則です


歯科治療には歯の痛みや腫れなどを”治す”局面と、痛みなどの症状を治した結果できた歯や歯質の欠損や形態不全を補綴処置によって”直す”局面の二つがあります.(歯科治療では”治す”と”直す”を区別する)

 小西歯科医院では腫れや痛みなどを”治す”治療”は保険診療で、歯質の欠損や歯列の不全などを補修する“直す”治療は自費診療でおこなう、というのが原則です.


健康保険で抜かずに治す治療ができない理由

 ”直す”治療が自費になる理由は、健康保険では”抜かずに治す治療”などの小西歯科医院の歯科治療をうまく進めることができないからです.

 ”抜かずに治す治療”の対象となるような歯は歯自体の実力が劣る(歯質が極端に少なくなっている、歯根膜など支持組織の負担能力が劣る)ので、その実力に見合った補綴物をが必要になります.

 たとえば、重度歯周病で抜かずに治した歯にブリッジを装着したら、その歯に対する負担が大きすぎて、早晩その歯は痛くなったり、動揺をきたしてしまったりする可能性が高くなります.

 残根や歯根破折歯でも同様で、保存の難しい歯を抜かずに治療した場合、通常の補綴処置では抜かずに治す治療の効果をうまく引き出すことはできません.

 抜かずに治す歯科治療の対象になるような歯は弱った歯なので、その歯の実力に合わせた修復方法と補綴物を選択しないと、せっかく抜かずに治す歯科治療をおこなった意味が無くなってしまうのです.

 しかし、そのような条件にあったような修復物は保険診療でつくることはできません.

 したがって抜かずに治す治療でその歯の実力にあった補綴物を選択しようとすれば自費治療ということにならざるをえないわけです.


保険診療の銀歯は歯の寿命を縮めてしまう可能性が高い



図1
保険の全部被覆冠が脱落した状態(白矢印)
残根にコンポジットレジン冠をかぶせました(黄色矢印)
青矢印の補綴は他院で入れた金属のフルクラウン
 ちょっとした油断から神経をとらなければいけないようなむし歯をつくってしまうことはままあります.

 神経をとってしまった歯は、保険診療では銀歯のフルクラウン(上図1の青矢印)を入れるしかありません.

 しかし、それがとれてしまい、一回か二回作り直しただけで上図1白矢印のような残根状態になってしまうことがあります.

 いい加減な治療では10年も経たない間にこのような状態に追い込まれてしまい、抜歯ということになってしまいます.

 実際に上図1の残根の歯(白矢印)は以前青矢印が指し示すような銀歯が入っていました.

 しかし、それがとれてしまった後、図白矢印のような悲惨な状態になっていたわけです.

 このような崩壊過程をたどらないようにするためには、神経をとってもエナメル質を全部除去してしまう保険診療の銀歯は避けた方がよいということになります.



エナメル質はできるだけ削除しないようにする


図2
インレー修復(グラディア)
 図2は神経をとらざるを得なかったむし歯(赤矢印)を歯冠色のインレー(緑矢印)で修復した例です.

 もう10年以上、問題なく機能しています.

 上述のようにこのような場合、保険診療では歯肉の下まで歯質を削ってしまう金属のフルクラウン(上図1の青矢印)にしてしまうのが一般的です.

 金属のフルクラウンでは見た目も悪いし、エナメル質をすべて削り取ってしまうのでその歯の寿命を縮めてしまいます.


自費診療のセラミックも抜かずに治す治療には適しません


図1
 上図1の白矢印のように歯肉縁下までむし歯が進んでしまった残根の歯は、ほとんどの歯科医は抜歯と判断すると思います.

 何とか残そうとする歯科医がいたとしてもその修復方法に悩むはずです.

 この歯にコアをたててセラミッククラウンを入れたとしても、歯根が割れてしまったり、冠が簡単に脱落してしてしまい、それほど長もちしないことは明らかだからです.

 高額なセラミックだからといって歯質が丈夫になったり、歯根膜の量が増えたりするわけではありません.

 セラミックの場合、その硬さがかえって歯に負担を与えて、脱落や歯根破折の可能性が高くなります.

 したがって、少しでも臨床の分かっている歯科医はこのような残根の歯にセラミックをかぶせようとは思いません.

 抜いてしまってインプラントを入れたり、セラミックのブリッジにした方が医院の経営の面でも患者さんの信頼度の面でも断然メリットがあるからです.


保険診療では抜くのがセオリー

 上図1白矢印のような残根の治療に関して、1年でも2年でも持てばよいから、健康保険のクラウンを入れて欲しいと希望する患者さんがいらっしゃるかもしれません.

 しかし、それもかなり難しい部分があります.

 保険診療でおこなった補綴物が2年以内にトラブルを引き起こしてしまうと、その後の修復は保険給付の対象外行ってくださいという健康保険のルールがあるからです.

 2年以内にとれてしまったクラウンを再製作しても、それは保険の給付対象外になってしまうわけです.

 したがって再度クラウンを作ろうとすれば、保険がきかず、患者さんか歯科医がその費用を全額負担しなければならなくなってしまいます.

 それならクラウンの再製作をあきらめて、抜歯してブリッジや入れ歯を入れればよいと思うかもしれません.

 しかし、それもできない決まりになっています.

 2年以内にトラブルを起こしてしまった歯を抜歯して入れ歯やブリッジを入れようとしても、それらの治療も健康保険の給付対象外ということになっているからです.

 したがって、短期間でトラブルを起こしそうな歯は抜いてしまうというのが保険医としてのセオリーということになります.


抜かずに治す歯科治療の補綴物はCR冠がおすすめです

 
図1
 図1の白矢印のような残根を抜かずに治療しようとすれば、小回りのきくコンポジットレジン冠(上図・黄色矢印)で修復するのがベストだと、私は考えています.
 実際にこの症例は5年ほど経過していますが、何の問題もなく機能しています.

 しかし、この治療法は健康保険では認められていないので、自費診療ということになります.(費用は15000~20000円です)

 私たちが提案している自費治療というのは、金やセラミックなどの高価な材料を使うからというわけではありません.

 口の健康を考えて、その歯にあった補綴法を選択するための自費治療なのです.

 この残根のケースに限らず、歯と口の健康を第一に考える私たちの歯科治療を行おうとすると、保険診療はあちらこちらで障害となってしまいます.

 したがって”直す”治療は自費治療でお願いするということになってしまいますが、それもできるだけ高額にならないように努めています.



保険診療の負担金



*保険診療の負担金は1回30分の診療で1500~3000円くらいが目安となります.

 初診時 問診、X線診査など
 むし歯治療 コンポジットレジンの充填など
 歯周病治療 歯周病検査、ブラッシング指導、歯石除去など
 保存治療 抜髄、感染根管治療など


自費診療の費用

インレー

20%金銀パラジウム合金 20000~30000円
白金加金(PGA) 35000~50000円
ハイブリッド(グラディア) 30000~40000円円
オールセラミック 50000円

オンレー・4/5クラウン

コンポジットレジン冠 15000~20000円
20%金銀パラジウム合金 30000~40000円
白金加金(PGA) 60000~80000円
ハイブリッド(グラディア) 40000円


フル・クラウン

即時重合レジン冠 15000円
コンポジットレジン冠 15000~25000円
硬質レジン冠 40000円
20%金銀パラジウム合金冠 40000円
硬質レジン前装冠(20%金銀パラジウム合金) 60000円
白金加金冠(PGA) 80000円
硬質レジン前装冠(白金加金(PGA)) 90000円
メタルボンド冠 90000~100000円
オールセラミック冠(ジルコニア) 120000円
オールセラミック冠(e-max) 120000円


義歯(入れ歯)

部分床義歯

ワイヤークラスプレジン床義歯 30000~120000円
鋳造クラスプレジン床義歯 40000~140000円
金合金クラスプレジン床義歯 50000~260000円
ノンクラスプ義歯 80000~260000円
鋳造金属床義歯 160000~360000円

総義歯

レジン床義歯 120000~180000円
金属床義歯 360000円