本文へスキップ

抜いた歯は生えてきません.削った歯は元に戻せません。歯科治療は両刃の剣であることを理解して治療を受けてくださるようおねがいします.

TEL.03-3954-8844

〒161-0032 東京都新宿区中落合2-20-6

非歯周外科手術



 小西歯科医院でおこなっている歯周病治療、オーラルフィジオセラピーの特長のひとつに“歯周外科手術をしない=非外科処置”(文献1、2)ということががあります.

 最近、歯周病の手術はひところに比べて慎重になってきているようですが、これは手術の有無が長期的な歯周炎の治癒に影響を与えないこと(文献4?7)が分かってきたことと、片山式歯周病治療の影響が少なからずあるのではないかと思っています.

 リンデ先生たちは、外科処置をしたものも、しなかったものも、数年するとその結果はあまり変わら無くなってしまうという研究結果を発表しています.

 つまり、歯周炎の治癒に関して、長期的な目で見ると、手術をしてもしなくても変わらないというわけです.
  
  片山先生はそのような研究発表の前から、フラップ手術は意味がない、かえって弊害があると考えていました.

  理由は以下の通りです

@歯周病の原因は細菌なので、歯茎を切開して根元をそうじするだけのフラップ手術をしてもそれで原因が除去できるわけではない

A手術をしてもしなくても、治療のブラッシング(片山式ブラッシング)だけで十分回復できる

B手術をしたからといってブラッシングをしなくてよいわけではない

C手術でも救えないような重度の歯周病でも片山式歯周治療で治すことができる

D手術はたとえ軽いものでも、歯周支持組織(歯肉や結合組織線維や歯槽骨など)の減少を招いてしまう.

E歯周病治療で一番重要なのは患者さんのブラッシングなのに、手術をすると、これだけ大変な思いをしたのだから、と患者さん自身が行うブラッシングがおろそかになってしまう傾向がある.

F手術しないで「自分で治した」という意識が後々のメインテナンスに大きな影響を与える.

などの理由です.

 フラップ手術をすれば、それだけで歯周病が治るというわけではありません.

 歯周ポケットが一時的に浅くなるだけです.

 ブラッシングなどの適切なケアを続けなければ、ポケットはすぐに再発してしまいます.

 あまり上手でない歯科医が、ただ闇雲にフラップを開けて根面を掃除するだけでは、ポケットの改善もままならないことも多いようです.

 そのような手術はただただ痛い思いをするだけで何の益もありません.

  歯周病になってしまった原因、細菌因子と宿主因子(疲れ、寝不足、ストレス、頑張りすぎなど)をきちんとコントロールしないと歯周病はいつまでたっても治りません.

 逆にそれらのことがきちんとできれば、外科手術などしなくてもポケットはなくなり、歯周病は治ります.

 つまり、外科処置は歯周病の治療にはあまり意味のない処置だということになります.


歯周外科手術に関連する文献


1) 片山恒夫、歯槽膿漏-抜かずに治す、P446〜459
2) 小西昭彦他、オーラルフィジオセラピー、P60〜69

3)Ramfjord.S.P,"4 modalities of periodontal treatment compared over 5 years",Journal of Clinical Periodontology(1987),
「4つの異なった術式の5年間をフォローアップした結果、術式による効果の相違は認められなかった」

4) Kaldahl WB et al,"Long-term evaluation of periodontal therapy:1.Response to 4 therapeutic modalities",Journal of Periodontology(1996)
「3種類の術式の7年間の経過を比較したが、術式による予後の相違は認めなかった」

5) Kaldahl WB et al,"Long-term evaluation of periodontal therapy:2.Incidence of sites breaking down"Journal of Periodontology(1996),
「長期に経過を観察すると術式による際だった相違は認められず、それぞれ治療の効果はあがっている」

6) Renvert S et al,"5-year follow up of periodontal intraosseous defects treated by root planing orflap surgery",Journal of Clinical Periodontology(1990),
「ルートプレーニングとフラップオペの5年後のアタッチメントレベル、骨レベルに差はなかった」

7) Kaldahl WB ei al,"A review of longitudinal studies that compared periodontal therapies"Journal of Periodontology(1993),
「経時的に観察すると外科と非外科の予後に相違は認められない」


歯周外科手術に関連する項目

《歯周組織再生療法・GTR法》
《歯周組織再生療法・エムドゲイン法》
《リグロスについて》




トップページ


小西歯科医院の治療について

診療時間      
   月  火  水  木  金  土
AM   〇  〇  〇  /  〇  〇
PM   〇  〇  〇  /  〇  〇
AM|午前9:00〜12:00
PM|午後2:00〜5:00
 休診日|木・日・祝祭日

shop info店舗情報

小西歯科医院

〒161-0032
東京都新宿区中落合2-20-6
TEL.03-3954-8844
FAX.03-3952-4220
mail.pi5a-kns@asahi-net.or.jp