本文へスキップ

抜いた歯は生えてきません.削った歯は元に戻せません。歯科治療は両刃の剣であることを理解して治療を受けてくださるようおねがいします.

TEL.03-3954-8844

〒161-0032 東京都新宿区中落合2-20-6

根分岐部病変(furcation involvement)


根分岐部病変(こんぶんきぶびょうへん)とは


 上下顎の大臼歯や上顎の小臼歯など歯根が2本以上ある歯の分岐部(根間中隔)の病変を根分岐部病変といいます.

 歯周病と同様のメカニズムで分岐部が破壊されたものをプラーク由来の根分岐部病変とよびます.

 根分岐部病変の診断はプロービングとX線写真を用います.


  分岐部病変の重症度は分岐部にプローブ挿入して、どこまでプローブが入るかで1度から3度に分類されます.(Hamp 1975)
 
1度 : 歯冠幅の1/3以内.
2度 : 歯冠幅の1/3以上で貫通しない.
3度 : 完全に貫通する.

 分岐部病変の重症度によって、治療の内容が変わってきますが、3度の場合、抜歯を選択する歯科医も多くなります.

 しかし、私たちは簡単に抜くべきではないと考えています.



歯髄(しずい)病変との鑑別


 咬合の負担過重や根管そのものが原因で複根歯の根分岐部にプラーク由来の根分岐部病変と同様な病変がみられることがあります.

 歯髄病変との鑑別診断は、歯の神経が生きていればプラーク由来の根分岐部病変の可能性が高く、神経がない歯であればその分岐部病変は根管由来である可能性があると考えます.

 このような場合、根管治療を歯周治療より先行しておこないます.

 根管治療によって分岐部の炎症が消退すれば、プラーク由来の根分岐部病変ではなかったということが分かります.



右下第一大臼歯のほほ側の歯肉に膿瘍を形成しています.(黄色矢印)
X線写真で根分岐部病変を認めますが、根尖病変や歯根破折は確認できません.
根管治療ごをして1か月少しで膿瘍は消失しました.(黄色矢印)
歯髄病変が根分岐部病変と関連していたと考えられます.



咬合性外傷との鑑別


 歯ぎしりやかみしめによって歯に加わる力は、歯根と歯根の間に組織炎症をおこしたり、組織を破壊したりします.

 過剰な力がかかっている歯は、多少動揺している可能性が高く、X線的に陰影を認めても、プロービングで根分岐部を確認することができません.

 このような歯は歯周病の治療に先行して、咬合性外傷の治療を優先します.
 《咬合性外傷についてはこちら》





トップページ


小西歯科医院の治療について

診療時間      
   月  火  水  木  金  土
AM   〇  〇  〇  /  〇  〇
PM   〇  〇  〇  /  〇  〇
AM|午前9:00〜12:00
PM|午後2:00〜5:00
 休診日|木・日・祝祭日

shop info店舗情報

小西歯科医院

〒161-0032
東京都新宿区中落合2-20-6
TEL.03-3954-8844
FAX.03-3952-4220
mail.pi5a-kns@asahi-net.or.jp