本文へスキップ

抜いた歯は生えてきません.削った歯は元に戻せません。歯科治療は両刃の剣であることを理解して治療を受けてくださるようおねがいします.

TEL.03-3954-8844

〒161-0032 東京都新宿区中落合2-20-6

咬合性外傷(こうごうせいがいしょう)・occlusal trauma


咬合性外傷

 歯が支えらる以上の力がその歯にかかることによって生じる歯周組織の傷害を咬合性外傷(こうごうせいがいしょう)といいます.

 咬合性外傷によって発現する症状としてはが動揺や痛みがあります.

 これは過度の力が働くことで歯根膜腔が拡大して歯が揺れたり、歯根膜が炎症を起こして痛みを感じるわけです.

 歯根膜腔の拡大はX線写真で確認することができます.

 咬合性外傷のX線写真では歯槽骨梁の変化や垂直性骨吸収を認めることもあります.

 咬合性外傷によっておこる症状は可逆的な部分が多いのが特徴です.

 つまり、歯の動揺や痛みもさらに垂直性骨吸収も、原因である過剰な力を取り除くことができれば、症状は消失し、骨の吸収も改善してきます.

歯の挺出により、咬合性外傷がおこり、歯槽骨が吸収しています. 過剰な力を排除するために下の歯とのあたりを除去することで歯槽骨が改善してきました.


咬合性外傷の痛み


 ”咬合性外傷”がかなり激しい痛みを引き起こすことがあります.

 はっきりした診断がつかなくて、激しい痛みがある場合、多くの歯科医は痛みを止めるために簡単に神経をとってしまいます.

 しかし、安易に神経をとってしまうのは、好ましいことではありません.

 むし歯や歯根破折がみつからないのに歯に痛みを感じる場合は、咬合性外傷を疑ってみるべきです.

 ”咬合性外傷”という名前のひびきから何か大変な病気のような感じを与えますが、咬合性外傷は力を加えないでおけば、治ってしまう病気です.

 しかし、咬合性外傷の場合、過大な力を除去して少し経過をみていると痛みはなくなってしまうことがほとんどです.

 歯髄炎なのか、歯根破折なのか、咬合性外傷なのかその判断は素人には難しいので、信頼できる歯科医に診てもらい、とらなくてもよい神経をとってしまわないように注意したいと思います.


咬合性外傷を引き起こす歯ぎしり


 咬合性外傷を引き起こす大きな原因は歯ぎしりやかみしめなどの悪習癖です.

 歯ぎしりやかみしめは主に寝ている間にやってしまうことなので、自分の意志ではコントロールできません.

 そこで睡眠時の悪習癖を改善するために、歯牙接触癖に注意することをお薦めします.

 歯牙接触癖は起きているときに、上下の歯を接触させている癖です.

 昼間、上下の歯が接しているのを意識したら、その場で上下の歯の接触を解くようにします.

 歯が離れているのが当たり前になり、上下の歯が接していることに違和感をもつようになれれば、睡眠時も無意識のうちに歯を離すようになり、悪習癖が改善されていきます.

 《歯牙接触癖について詳しく》



トップページ


小西歯科医院の治療について

診療時間      
   月  火  水  木  金  土
AM   〇  〇  〇  /  〇  〇
PM   〇  〇  〇  /  〇  〇
AM|午前9:00〜12:00
PM|午後2:00〜5:00
 休診日|木・日・祝祭日

shop info店舗情報

小西歯科医院

〒161-0032
東京都新宿区中落合2-20-6
TEL.03-3954-8844
FAX.03-3952-4220
mail.pi5a-kns@asahi-net.or.jp