本文へスキップ

抜いた歯は生えてきません.削った歯は元に戻せません。歯科治療は両刃の剣であることを理解して治療を受けてくださるようおねがいします.

TEL.03-3954-8844

〒161-0032 東京都新宿区中落合2-20-6

「歯槽膿漏-抜かずに治す」


片山式歯周病治療法が一般に知られるようになったきっかけは、1983年に朝日新聞の日曜版に連載されたコラム「歯無しにならない話」です.

その後、1990年に片山式歯周病治療を詳しく解説した「歯槽膿漏-抜かずに治す」が出版され、片山先生の治療法は全国的に知れ渡るようになりました.

歯槽膿漏-抜かずに治す


 朝日新聞の日曜版に連載されたコラム「歯無しにならない話」で、片山先生の名前は全国的に知られるようになりました.

 その取材の中で患者の熱意を引き出しながら治療に当たる片山先生の姿勢に感動した担当編集者の長倉さんは、その後1989年の朝日新聞に「昭和人間史・医の心」でも片山先生を取り上げ、1990年には片山先生の歯周病治療を詳細に記述した「歯槽膿漏-抜かずに治す」を編集しました.

 「歯槽膿漏-抜かずに治す」は「私の臨床のすべてを隠すことなくすべて書いた」と片山先生が仰っているように、片山式歯周病治療の奥儀があますことなく書かれています.

 私たちが現在行っている歯周病治療法、オーラルフィジオセラピーはこの本を教科書にしています.

 今から20年前、重度周病に悩んでいた患者さんにこの本の通りの治療法をやってみましょうか、と提案したのがその始まりでした.(歯みがきで重度歯周病を治す-歯ブラシの奇跡)

 オーラルフィジオセラピーと偉そうな名前をつけていますが、実は「歯槽膿漏-抜かずに治す」に書かれている内容を実践することがそのすべてといっても過言ではありません.

 この本は絶版になってしまって手に入りにくくなってしまいましたが、新版が発売されたようです.

 詳しくは恒志会のホームページをごらんください
(http://site-875704-8534-7517.strikingly.com/)


歯槽膿漏-抜かずに治す、まえがき

 私が歯科医を開業した1936年、世間では歯槽膿漏が治せるなど考えもしていませんでした.

 でも私は「何とかしたい」と独自の方式を編み出し、治療に立ち向かいました.

 幸い効果は大きく、私は50余年も患者さんたちの膿漏の歯を救ってきたことになります.

 私の案出した方式は『医患共同作戦』です.

 患者さんが「丹念に歯を磨く」「歯の実力に合わせてよく噛む」「従来の生活の改善」などを、医師の指示に応じて実践します.

 同時に医師はとりあえず「歯の安静を保つ処置」をした後、治り方に応じて「回復の活性を図る上下の歯のかみ合わせ」を実現、「仮義歯(治療義歯)を使って、膿漏の歯を治してゆく」などの工夫をします.

 従来は絶望とされた歯槽膿漏を治すのですから、医患ともに大変ではありますが、膿漏はぐんぐんよくなります.
《歯槽膿漏-抜かずに治すの「まえがき」をさらにくわしく》



トップページ


小西歯科医院の治療について

診療時間      
   月  火  水  木  金  土
AM   〇  〇  〇  /  〇  〇
PM   〇  〇  〇  /  〇  〇
AM|午前9:00〜12:00
PM|午後2:00〜5:00
 休診日|木・日・祝祭日

shop info店舗情報

小西歯科医院

〒161-0032
東京都新宿区中落合2-20-6
TEL.03-3954-8844
FAX.03-3952-4220
mail.pi5a-kns@asahi-net.or.jp