本文へスキップ

抜いた歯は生えてきません.削った歯は元に戻せません。歯科治療は両刃の剣であることを理解して治療を受けてくださるようおねがいします.

TEL.03-3954-8844

〒161-0032 東京都新宿区中落合2-20-6

歯無しにならない話

歯無しにならない話

 朝日新聞に掲載された「歯無しにならない話」は当時朝日新聞科学部の記者だった長倉功さんが、重度歯周病の治療に取り組む片山先生の臨床を紹介したコラムで、その後一冊の本として出版されました.

 「歯無しにならない話」で片山先生が登場するのは第1部「歯槽膿漏-医・患」です.
 その目次をざっと見渡してみると、”治療用の磨き方”、”受診レポート”、”歯ぐきの退縮”、”抜歯の基準”など、片山式歯周病治療の重要なポイントがたくさん書かれています.
 そのうちのいくつかを抜き書きしてみました.



抜歯の基準 =残す工夫すべて試みる=

「抜かねば」などというあきらめの発想は片山さんの辞書にはないのである。「歯科医の責務は、あきらめて抜く基準を設定することではない。歯を残すために腕を磨くことです」
≪全文を読む≫




全身療法 =体を使ってかむ力を強化=

 私たちは文明に囲まれ、体がひよわになりやすい。その悪影響は歯ぐきを含め、とくに原始的な器官である歯にもろに現れやすい。だから歯の病気は、全身の改善が必要−と片山さんは熱心に教えた。
≪全文を読む≫




医側の事情 =自信あっても二の足=


 片山式は患者にとってはありがたい「新しい潮流」だが、現歯科界ではまだ、本当の少数派に過ぎない.
≪全文を読む≫




トップページ


小西歯科医院の治療について

診療時間      
   月  火  水  木  金  土
AM   〇  〇  〇  /  〇  〇
PM   〇  〇  〇  /  〇  〇
AM|午前9:00〜12:00
PM|午後2:00〜5:00
 休診日|木・日・祝祭日

shop info店舗情報

小西歯科医院

〒161-0032
東京都新宿区中落合2-20-6
TEL.03-3954-8844
FAX.03-3952-4220
mail.pi5a-kns@asahi-net.or.jp