本文へスキップ

抜いた歯は生えてきません.削った歯は元に戻せません。歯科治療は両刃の剣であることを理解して治療を受けてくださるようおねがいします.

TEL.03-3954-8844

〒161-0032 東京都新宿区中落合2-20-6

抜かずに治す歯科治療


  東京都新宿区の小西歯科医院では歯を抜かない治療をおこなっています


このページの目次
*”抜かずに治す歯科治療”とは
・”抜かずに治す歯科治療”は小西歯科医院の歯を抜かない治療です
・”抜かずに治す歯科治療”のポイントは自然治癒力

*”抜かずに治す歯科治療”と抜歯の基準

*歯を抜きたい歯科医たち

*”抜かずに治す歯科治療”の原点は片山恒夫先生

*”抜かずに治す歯科治療”が教えてくれたこと

*”抜かずに治す歯科治療”の欠点は補綴物装着までに時間がかかること
・歯を抜かない治療は時間が必要
・口の健康のためには長い目で考えた方がよい



”抜かずに治す歯科治療”とは

”抜かずに治す歯科治療”は小西歯科医院の歯を抜かない歯科治療です

 小西歯科医院ではグラグラの重度歯周病の歯でも、残根状態の歯でも、歯根破折の歯でも抜かないで治療をします.

 この治療を”抜かずに治す歯科治療”とよんでいます.

 ”抜かずに治す歯科治療”は「どのような状態の歯でも抜かない」のですが、なぜそのようなことが可能なのでしょうか?

 それは、生体には自然治癒力があり、身体が必要ないと判断した歯は自然に抜け落ちてしまい、わざわざ抜く必要がないからです.


 したがって、私たちの抜かずに治す歯科治療というのは、自然治癒力の働きを尊重する歯科治療と同じことなのです.

 《自然治癒力に関してはこちら》



”抜かずに治す歯科治療”と抜歯の基準

 
 私たちはどんな状態の歯でも抜くことはしませんが、一般的に認められている抜歯の基準というものは存在します.

 それは以下のようなものです.

(1)歯槽骨吸収が歯根の1/3以上
(2)歯周ポケットが8mm以上
(3)動揺度が大きい
(4)プローブが貫通してしまう根分岐部病変
(5)根管治療の難しい根尖病変
(6)膿瘍がなかなか消失しない
(7)むし歯が進行して残根状態になっているもの
(8)骨縁下に達している歯根破折

 これらの抜歯の基準にあてはまる歯を”抜かずに治す歯科治療”ではどのように治療しているのかを症例写真を交えながら解説したいと思います.

 《抜歯の基準にあてはまる歯を抜かずに治す》



歯を抜きたい歯科医たち

 私はあまりにも簡単に歯が抜かれてしまう現状を憂いています.

 特にインプラントや高額な補綴物を入れるために、抜かなくてもよい歯次々と抜かれてしまっています.

 なぜ、歯科医はそれほど歯を抜きたがるのでしょうか.そのことについて考えてみたいと思います.

 《歯を抜きたい歯科医たち》

*歯科医の都合で抜かれる歯
・インプラントのために抜かれてしまう歯
・補綴物のために抜かれてしまう歯
・痛みや腫れ、動揺など治療が難しくて抜かれてしまう歯 

*抜歯を勧めるときの歯科医の説明



”抜かずに治す歯科治療”の原点は片山恒夫先生

 
 それまで抜くしかないと考えられていた重度歯周病の歯でも抜かずに治せることを我々に教えてくれたのは片山恒夫先生です.
 《”抜かずに治す歯科治療”を教えてくれた片山恒夫先生》

*”歯科医の仕事は抜歯”という考えをくつがえした片山恒夫先生
*歯科医の仕事は抜くことではない
*片山式抜かず治す歯周病治療が普及しなかった二つの理由
・患者さんの負担が大きい
・歯科医の力量が足りない
*”抜歯する入れ歯師”から”抜かずに治す歯科医師”へ



”抜かずに治す歯科治療”が教えてくれたこと


 私は30年以上“片山式抜かずに治す歯周病治療”の完成を目指して努力してきました.
 その結果、分かってきたことがいくつかあります.
 《”抜かずに治す歯科治療”が教えてくれたこと》

*絶望的と思える重度歯周病の歯でも救える
*抜かずに治った歯の治り方はいろいろ
*抜かずに治す治療には自然治癒力が大きく関わる
*残根や歯根破折も抜かずに治せる
*歯科医の技量を高めることに役立つ



”抜かずに治す歯科治療”の欠点は補綴物装着までに時間がかかること


”歯を抜かない治療”は時間が必要

 ほとんどの歯科医があきらめるような歯でも歯を抜かないで治療することは可能なのですが、ひとつだけ欠点があります.

 抜かずに治す歯科治療が一段落するまでに時間がかかってしまうということです.

 歯周病やむし歯、歯根破折などによっておこる腫れや痛みなどを改善して安定させるにはある程度時間がかかります.


口の健康のためには長い目で考えた方がよい

 歯科治療と言えば、補綴物を装着して歯科治療を終えるのが一般的です.
 しかし、”抜かずに治す歯科治療”では自然治癒力が働くことで、病理症状が治ってから補綴処置にうつるので、かぶせたりブリッジを入れたりするまでの期間が長くなってしまいまいます.

 自然治癒力が働く間、かなり不自由な状態をがまんしなければならないこともあります.

 長期の海外勤務が間近に控えているなど、早く治療を一段落させたいときには抜歯を選択せざるを得ない場合もでてくるかもしれません.

 しかし、それはあくまで非常に特殊な場合です.

 歯を抜かない歯科治療のポイントは長い目で口腔の健康を考え、その健康を維持していきたいということにあります.


ネットにあふれる”歯を抜かない歯科治療”について

 ネットには、歯を抜かないということをうたい文句にしたホームページがたくさんあります.

 しかし、それらのホームページで「抜かない」と言っているのは患者さんに来てもらうための宣伝文句で、内容が伴っていないものがほとんどです.

 多くの歯科医が「抜かない」ためにおこなっていると言っている”方法”や”説明”について解説したいと思います.

 《ネットにあふれる”歯を抜かない歯科治療”は内容が伴っていない》

*「できるだけ抜かない」というのは「抜くこともあります」ということ
*歯周外科や再生療法では抜歯の対象となる歯周病は救えない
*マイクロスコープと抜かない治療は関係ない
*抜かない治療を希望する人はCTのある医院には近づかない方が良い
*エクストゥルージョンもクラウンレングスニングは補綴物のための処置